"人生訓ノート"の記事一覧

【涙】吉祥寺、長男堂の貼り紙

ツイッターで「泣ける」「ありがとう」「感動しました」「号泣」「これが日本」「素晴らしい店主さん」と称賛の嵐。 ーーがっこうがはじまるまでの月・木・金よう11時30分〜夕方6時まで『子どもべんとう』売ってます。 だいたい250円。お金がたりなかったり、もらいそびれちゃった子は、あとでいつでもいいし、なんなら、おとな になってからで…

続きを読むread more

ギターのリペアとリハビリ・ギターと……Ⅱ

 朝早くからなんだかんだとやっていたら、一日が終わってしまった。  まだ、あれもやらなきゃって大事なことが残っているのだが、きょうは無理そうだ。10時を回ってから、あきらめて、少しリラックスしようと例によって一本のギターを手にした。  昨年の7月の終わり近くに、「ギターのリペアとリハビリ・ギターとペットショップと……」と題して、…

続きを読むread more

シリアの難民キャンプで暮らす子供たち「後藤さんはシリアと日本のヒーローです」

 救われたのは、ツイッター上で後藤さんの過去のツイートのリツイートによる拡散や、後藤さんのツイッター・アカウントをフォローする動きとなって広がったことだ。殺害の生々しい写真や映像ではなく。そして、毎日新聞が2日、「後藤健二さん:広がる悼む声 日本のイスラム教徒から」の記事で伝えたように、後藤さんを悼む声が、日本で暮らすイスラム教徒の…

続きを読むread more

後藤健二さんは「戦火の中で子どもたちが苦境に追いやられていることを伝えるのに尽力」

 ネットには当初、殺害の生々しい写真や映像が多く掲載されたがネットでは、残酷な写真や映像ではなく、後藤さんが取材していた時の姿や笑顔の写真を広めようと呼びかける運動が起きた。ツイッターなどのSNSで広がった。この呼びかけは日本のみならず、中国のネットユーザーも反応を示し、多くの人が同呼びかけに賛同しているという。  こうした動きは、毎…

続きを読むread more

この半年、ギターはリハビリの産物でしかなかったのか

 考えてみればもう、半年以上になるんだなあ、思う。  昨年の暮れにカテーテルを入れた検査、年明けから6月の初旬と末までに数度、心臓カテーテル手術を受けた。  右手の血管が細いので左手首から入れたあと、痛みがとれるまでずいぶん時間がかかった。いまもまだ、左手の親指だけには痛みが残っている。  途中、お願いして(ギターが趣味なのでと)…

続きを読むread more

南太平洋の島しょ国バヌアツ、ナウルを「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない」などと揶揄

 たしか、明日は病院の日なんだよな。  そう考えながらも、まだ確認する気にはならない。なぜなら、今度の診察はまた病院にお泊りして手術する日を決めることになっているからだ。  「痛いんだ、あれが」  カテーテルを抜くときの痛みは結構長く続く。左手の親指にまだ前回の痛みのかけらが残っている。  明日は病院だったよな、と考えたのは、朝…

続きを読むread more

「解釈改憲は憲法ハイジャック」=慶大名誉教授・小林節氏

 今朝のおすすめ記事。  日刊ゲンダイ、<慶大名誉教授・小林節氏(下)「解釈改憲は憲法ハイジャック」>(5月19日)。  以下、記事の最初のほう。  ――96条改正を引っ込めたと思ったら、今度は解釈改憲で9条を骨抜きにしようとしていますね。いろいろな限定、条件を付けて、集団的自衛権を行使できるようにしようとしている。  安倍政権…

続きを読むread more

国まるごと「貧困」へ突っ走ろうとしている状況のなかで

 前回、坂本冬美さんの「また君に恋してる」と「ずっとあなたが好きでした」のメロディラインをギターで弾いたもの。ご好評を何人かの方からいただきました。ありがとうございました。  一方で、この手の、いわば抑え気味で弾くことを要求される(と私が勝手に思い込んでいる)曲を続けていると、今度は解放したくなるのが人の常。  それでもせっかく日本…

続きを読むread more

教育・基地・外交すべてが時代錯誤=アベノ暴走・混乱政治に終止符を

▽自民「教委改革案」に潜む「時代逆行」の危うさ  自民党が「教育委員会制度」について「改革案」をまとめ、連立与党の公明党との協議に入った。内容は、首長の権限と国の関与の度合いを強める方向であり、24日付中日新聞社説が、<政治が前面に出過ぎ、教育現場の「不当な支配」を招かないか心配だ>と書いている。  「教育委員会制度」は、同…

続きを読むread more

安倍政権の暴走・逸脱政治と「報道の自由度」59位の日本

 首相の安倍氏が、例によって前のめりに進めようとしている「集団的自衛権の行使容認」(=憲法解釈の変更)に対し、慎重を求め、批判する声が高まっている。  安倍氏は12日の衆院予算委員会では、「最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」とまで述べた。また、内閣法制局の議論の「積み上げのままで行くな…

続きを読むread more

世界の有識者29人が辺野古移設反対声明/秘密保護法「撤廃求める意見書」各地議会が可決

▽世界の有識者29人 辺野古移設反対声明  報道によると、オリバー・ストーン、ノーム・チョムスキー、ジョン・ダワー各氏ら米国を中心とする海外の有識者や文化人29人が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古に移設する計画に反対する声明を発表した。声明は、「私たちは沖縄県内の新基地建設に反対し、平和と尊厳、人権と環境保護のた…

続きを読むread more

安倍政権の「戦争のできる国」路線との決別=それをはっきりさせる時代の幕開け

深まる「政治劣化」と試されるジャーナリズムの存在価値 ▽スノーデン氏に恩赦を ニューヨーク・タイムズが社説  NSAの元契約職員、エドワード・スノーデン氏は、昨年6月、香港滞在中にNSA(米国家安全保障局)の情報収集・監視活動を暴露した。後にロシアへと渡り、一時的な亡命を認められている。  そのスノーデン氏について、ガ…

続きを読むread more

楽器も「激安の時代」だったのか…

 昨日の寒さにはまいった。コンビニへいくのに薄手のダウンジャケットを着こんだうえ、毛布を乾燥させようとファンヒーターをつけたほどだった。つづいてきょうは土曜日。朝から雨の音がしていて、そのうえもう秋なのだ。

続きを読むread more

「特定秘密保護法案」関連メモ(2013.09.12~2013.10.03)

▽日弁連「特定秘密の保護に関する法律案の概要」意見公募(パブリックコメント)の期間が短すぎる  2013年9月12日付けで日弁連は、内閣官房が実施している「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する意見募集に対し、3日から17日まで15日間の日程で行っている国民からの意見公募(パブリックコメント)の期間が短すぎるとし、延長を求める意…

続きを読むread more

大阪・堺市長選で、「橋下批判」が噴出 夕方「ラストサマーブルース」に少し手を入れた

 大阪府堺市長選挙で、都構想反対を訴えた現職が、維新の会の新人を破って当選を決めた。  維新の橋下氏主導の「大阪都構想」の是非が最大の争点となった選挙だった。  きょう(30日未明)のテレビ朝日の報道では、「橋下代表と松井幹事長は続投の意向ですが、大阪での敗北は都構想の実現に大きな打撃で、求心力の低下は必至です」と伝えて…

続きを読むread more

2020年夏季五輪・東京に決定――安倍首相の汚染水「完全にブロックされている」発言が勝ち取った「亡国」の近未来

 国際オリンピック委員会(IOC)総会は7日、2020年夏季五輪の開催都市を東京に決定した。東京での開催は1964年以来56年ぶりとなる。  東京は第一回投票を1位で通過。ともに決選投票に進んだイスタンブール(トルコ)を60対36で制した。韓国紙・中央日報は9日、<2020年東京五輪開催を歓迎する>と社説を掲載して歓迎し、そのなかで「東…

続きを読むread more

呼びかけるべきは原発開発ではない 東欧4カ国のグリーンピース事務局長

 国際環境NGOグリーンピースは17日、安倍首相がポーランドを訪問しチェコ、スロバキア、ハンガリーを合わせた東欧4カ国の枠組み(V4)と初の首脳会合に臨み、日本からの原発輸出を働きかけ、今後の関係強化を確認する共同文書をワルシャワ時間16日に発表したことを受けて、東欧4カ国のグリーンピース事務局長による共同声明を発表した。

続きを読むread more

自民沖縄県連 地域版公約に 米軍普天間飛行場の「県外移設」明記へ

 毎日新聞によると、自民党沖縄県連は、7月の参院選の地域版公約(ローカルマニフェスト)に、米軍普天間飛行場の「県外移設」を明記する方針を固めた。27日にも県連役員会などを開き、正式に確認するという。  記事によると、自民党党本部は、沖縄県名護市辺野古沿岸部への移設を決めた日米合意に反するとして、県連にたいして「県外」の取り下げを引き…

続きを読むread more

自民 参院選の公約に原発再稼働方針を盛り込む見通し

 共同通信によると、政府は6月14日までに成長戦略をまとめ、閣議決定する方針だ。安倍首相は国会答弁などで、規制委が安全性を確認した原発を再稼働する考えを示してきたが、政府が成長戦略に盛り込むエネルギー政策の原案で、原子力規制委員会が安全と認めた原発は「再稼働を進める」と明記し、立地自治体などの理解を得るため「政府一丸となって最大限取り…

続きを読むread more