"ニュースの検証"の記事一覧

資料:【Reuters Fact Check】Fact check: Inventor of method use…

 ソーシャルメディアなどには、次々と生煮えだったり根拠薄弱だったり強引なこじつけや捏造の類など、さまざまな怪しげな情報が飛び出してくる。そのような情報は個々人ばらばらに蓄積され、公の場で検証されないように伝播することも多く、「フェイク」が「フェイク」と認識されないまま、社会のコミュニケーションを阻害したり、不必要に複雑化させたりする。 …

続きを読むread more

おすすめ記事情報ーー検察庁法改正「反対」64% 内閣支持率33% 朝日調査 [検察庁法改正案]:朝日新聞

 朝日新聞社が5月16、17日に実施した緊急の全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の不支持率は47%、支持率は33%。安倍内閣が成立を急ぐ「検察庁法改正案」に「反対」が64%、「賛成」は15%だった。内閣支持層でも「反対」は48%を占め、「賛成」は27%。  法案の成立を急ぐべきかの質問に「急ぐべきではない」80%、「急ぐべきだ…

続きを読むread more

おすすめ映像ーーなぜ、安倍政権の検事長定年延長の解釈は批判されているのか?(TBS)

 なぜ、安倍政権の検事長定年延長の解釈は批判されているのか? #みんなのWHY 【news23】スタジオ解説:“定年延長”法案の問題点  国会で審議入りした検察庁法 の改正案。内閣の一存で幹部人事が決められるようになるため、「検察の独立性を揺るがしかねない」など批判の声も・・・。コロナ禍の中でも成立させるべき法案なのか、…

続きを読むread more

おすすめ記事情報ーー給付金で大混乱「市役所窓口」のヤバすぎる内情 | コロナショックの大波紋 | 東洋経済

記事は、特にオンライン申請にまつわる大混乱とその原因を伝えています。 以下、要点。 1)オンライン申請をするには、マイナンバーカードが必要なだけでなく、マイナンバーカードを取得した際に設定したパスワードも必要になる。 2)個人番号交付申請書には「署名用電子証明書」「利用者証明用電子証明書」が不要な場合にチェックマークを入れ…

続きを読むread more

元検事総長ら検察OBが、検察庁法改正に反対する意見書を法務省に提出

【意見書全文】首相は「朕は国家」のルイ14世を彷彿:朝日新聞 ——検察庁法改正に反対する松尾邦弘・元検事総長(77)ら検察OBが5月15日、法務省に提出した意見書の要点。 ⒈ 閣議決定による黒川氏の定年延長は検察庁法に基づかないものであり、黒川氏の留任には法的根拠はない。 ⒉ 安倍総理大臣は「検察官にも国家公務員法の適用がある…

続きを読むread more

映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』予告編

ドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』 「ただ社会を良くしたい」立志、希望、挫折... 愚直な政治家の17年。 ーー2019年の国会で不正会計疑惑を質す姿が注目を集めた政治家の小川淳也を17年にわたり追いかけたドキュメンタリー。  監督は映画では「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」「園子温という生…

続きを読むread more

緊急要望書 ~国は、自営業者・フリーランス・働く人々の“呻き声”を聴け!~ 2020(令和2)年4月23日

内閣総理大臣 安倍晋三 殿 厚生労働大臣 加藤信勝 殿 内閣府特命担当大臣(経済財政) 西村康稔 殿 財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融) 麻生太郎 殿 緊急要望書 ~国は、自営業者・フリーランス・働く人々の“呻き声”を聴け!~ 2020(令和2)年4月23日 コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る…

続きを読むread more

おすすめ記事情報ーー日本の新型ウイルス検査、少なさに疑問の声:BBC

 BBC日本版4月30日付。  記事は、日本で起きていることについて不可解なのは、なぜ新型コロナウイルスの感染症COVID-19の検査がこれほど少ないのかだ、と指摘する。ドイツや韓国と比べたとき、日本の検査件数は0を1つ付け忘れているようにみえるというのだ。 (小鷲順造) ーー日本の感染流行の中心地、人口約930万人の東京…

続きを読むread more

いま読んでいる本は『責任と判断』(ちくま学芸文庫)

 いま読んでいる本は『責任と判断』(ちくま学芸文庫)。著者はハンナ・アーレント。  非常に読みにくい文章だけど、80ページを過ぎたころから、だんだん伝わることが増えてきた。  そこで、より理解を深めたいと考え、軽く読める関連書を探したところ、NHK100分de名著「ハンナ・アーレント 全体主義の起源」をみつけ、まず図書館で借りようと…

続きを読むread more

追い込まれる安倍政権/国際社会が歩んだ戦争「違法化」への道との乖離(2)

 “改憲”や“森友・加計問題”に関する各紙の論説記事に目を通す前に、ここで私たちが直面している変化についてざっとおさらいし、続いて昨年(2017年)一年間の動きを振り返っておこうと思う。 ■世界の変化と安倍氏の“改憲”“森友・加計問題”  私たちはさまざまな意味で、時代の大きな転換点に立っている。たくさんの選択肢が目の前に並…

続きを読むread more

負の歴史に向き合い、生命の「尊厳」を基盤とする日本社会づくりを

■奨励され、繰り返された強制不妊手術  旧優生保護法下で遺伝性疾患や精神障害などを理由に強制不妊・避妊手術が繰り返された。戦時中の1940年に国民優生法を制定、それを原型として戦後の1948年に優生保護法ができた。1996年に優生手術の規定が廃止され「母体保護法」に改正された。  その間、約2万5000人が、障害などを理由不…

続きを読むread more

相次ぐ銃乱射事件と銃規制――米トランプ政権の保身体質と対応の変化

 14日、米フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、生徒や教師17人が死亡する乱射事件が発生した。約3分間の銃撃だった。  犯行の背景、動機に何があるのか。そして米国はこれを銃規制を前進させる転換点にできるのか。米国の行方に大きく影響する可能性があるように思う。銃規制をめぐる議論は、民主党支持者と共和党…

続きを読むread more

​追い込まれる安倍政権/「森友学園」の国有地売却問題――佐川長官招致を「66%」(1)

 共同通信社が2月10、11両日に全国電話世論調査を実施した。  学校法人「森友学園」の国有地売却問題を巡り、佐川宣寿国税庁長官について、国会招致すべきだとする回答が66.8%に上った。FNNが11日までの2日間実施した世論調査でも、森友疑獄に関し佐川国税庁長官の国会招致を求める声は8割を超えた。  佐川氏は、財務省理財局長とし…

続きを読むread more