"時代と事件"の記事一覧

原子炉等規制法の見直し案 脱原発への具体的な工程表を

 日本では、細野原発事故担当相が、原子炉等規制法の見直し案を明らかにした。  信濃毎日新聞は8日の社説「40年で廃炉 脱原発への一歩とせよ」で、担当相の姿勢を<脱原発への足掛かりと位置付けたい>しつつも、 見直し案は<確かな工程を示した>ものではなく、<抜け穴も用意されている>と指摘した。

続きを読むread more

EU各国原子力規制当局 事業者などに原発安全評価で改善措置や追加調査を要求

 毎日新聞によると、稼働中の原発を持つ加盟14カ国が安全評価の最終報告書をまとめ、EUの欧州委員会に提出した。ドイツ、 オランダ、ハンガリー、 ブルガリアの4カ国の原子力規制当局が電力事業者などに対して安全性を強化するための改善措置や追加調査を要求している。  福島第1原発事故を受けEUは、他国・地域に先駆けて安全評価を実施したが、 限…

続きを読むread more

「無保険」状態で死者急増 問われる「国民皆保険制度」の再建

 「無保険」状態や医療費の自己負担分を払えなかったために、受診が遅れて亡くなった人の人数が、昨年、24都道府県で71人 (前年47人)へと1・5倍に上昇した。全日本民主医療機関連合会(民医連)の調査。民医連は<「厳しい雇用状況が続く中、 払いたくても払えない人が急増しており、もはや『国民皆保険制度』は崩壊している」「背後にはもっと多くの…

続きを読むread more

権力につらなる人の暴力――世が世なら、と想像するだけで恐ろしい

 これは事件報道をネットでみかけて思った話。  きのう(22日)の夜11時ごろ、大阪のJR駅前の路上で、30代、40代の男二人が、18歳の男子高校生を投げ倒したり、頭をけったりして逮捕されたと報じられている(→読売新聞)。通行人が見つけて警察に通報、所割署員がかけつけ現場にいた2人を傷害の現行犯で逮捕した。

続きを読むread more

「有名」とは、絶望的な強者へのあこがれ?

 JR**線で置き石が見つかった事件。05年5月4日、**府警***署が、67歳の無職男性を列車往来危険の疑いで逮捕した。容疑者は「尼崎の事故をテレビで見て思い付いた。列車を転覆させて有名になりたかった」と話しているという。  「有名になりたかった」――犯罪の動機として、度々出てくるようになった。  この容疑者がどうだったの…

続きを読むread more

5年前から認識 女川原発の窒素漏れ 東北電力

 2月25日、東北電力は、運転中の女川原発1号機(宮城県女川、牡鹿町)の原子炉格納容器から大量の窒素漏れが起きたとして、原子炉を手動で停止した。定期検査後の再起動からわずか1カ月余りのトラブル。検査そのものの信頼性が問われる事態となっていた。  窒素漏れは、原子炉格納容器(原子炉圧力容器を覆い、事故時に放射性物質が外部に出ないよう…

続きを読むread more