"自由ノート"の記事一覧

【日弁連会長声明】日本学術会議会員候補者6名の速やかな任命を求める

日本弁護士連合会:日本学術会議会員候補者6名の速やかな任命を求める会長声明  菅義偉内閣総理大臣は、2020年10月1日から任期が始まる日本学術会議(以下「会議」という。)の会員について、会議からの105名の推薦に対し、6名を任命から除外した。この任命拒否について、具体的な理由は示されていない。  会議は、「わが国の科学者の…

続きを読むread more

残そう、大阪——《📣大阪のための緊急街宣📣》 10.25(日)14:30〜@あべのキューズモール前

《📣大阪のための緊急街宣📣》10.25(日)14:30〜@あべのキューズモール前#大阪 の今後にとってめちゃめちゃ大事な #住民投票 の一週間前💨大型ビジョンカーを使い、市民が「大阪市廃止に反対する理由」をスピーチします🎤かならず「反対」を多数にしましょう🔥🔥#大阪市廃止にNO pic.twitter.com/CqJP9o2rOV&md…

続きを読むread more

【おすすめ記事】 追悼デヴィッド・グレーバー:コロナ以降の新しい世界を想像するために=伊藤聡

――2020年9月2日、アメリカの文化人類学者デヴィッド・グレーバーが急逝した。59歳の若さであった。今年、日本でも4月に『民主主義の非西洋起源について:「あいだ」の空間の民主主義』(以文社)、7月に『ブルシット・ジョブ──クソどうでもいい仕事の理論』(岩波書店)と2冊の著作が続けて刊行され、ついに彼の仕事が広く評価されるタイミングが訪…

続きを読むread more

【おすすめ記事】安倍政権下の文学を振り返る 対米追従・格差と分断・公文書改ざん…作家たちの「抵抗」と「祈り」 =「…

――憲政史上最長の第2次安倍晋三政権がまもなく幕を下ろす。7年8カ月にもわたった在任中、その政治手法や社会を覆った雰囲気を映し出したかのような文学作品も数多く生まれた。本紙文芸記者が安倍政権下の文学を振り返る。 (下記記事本文に目を通されることをお勧めします) (↑左から)『宰相A』(新潮文庫)、『R帝国』(中公文庫)、…

続きを読むread more

【おすすめ記事】私はこうしてクビになった ある40代の郵便局員が告白=朝日新聞

——退職金がゼロだと、そこで知らされた。  解雇の手続きを終え、「職場には戻らないように」と命じられた。「みんなにあいさつしたい」と求めても拒否され、机の荷物は部長らが運んできた。 ・男性は「契約を無理強いしたことは、僕は一度もない」ときっぱり語る。ただ、記者が「法令や社内規定に反したケースは一度もないのか」と問い直すと、男性は…

続きを読むread more

【おすすめ記事】オードリー・タン「台湾の大臣は、35歳以下の若手にアドバイスをもらう」→政治を変える方法がすごい=…

1. 過去5年の間、数々の改革やオープンな政府を通して信頼を築いてきた。 ――私が “リバース・プロキュアメント(買い手が売り手を選ぶ)”と呼ぶ、g0vスタイルのコラボレーションの鍵は、すでに市民社会の間に存在していたのです。 ・技術者はすでに国民の間で高い信頼を得ており、彼らはただインプットするチャンネルを、PM2.5の数…

続きを読むread more

【おすすめBOOK】『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(北野 唯我 , 日本経済新聞出版社 2…

 実に面白かった。昨日、日曜日の午後に近所のららぽーとの本屋さんで購入して、一気読み。  さっき、巻末の横書き付録部分も読み終えて、読了。久しぶりに、早いペースで読み終えることができた。それにも驚きと感謝。  どこにでもある醜く低次元の人間関係バトルも、こんなふうに整理されちゃうと、その後の展開をドキドキワクワク待つ傍観の対象でもな…

続きを読むread more

【おすすめBOOKs】『これからの男の子たちへ :「男らしさ」から自由になるためのレッスン』(太田 啓子,2020…

――出版前なのにベストセラー✨ 『これからの男の子たちへ』―― 『これからの男の子たちへ』(大月書店)アマゾン売れ筋ランキングジェンダー部門で再び1位になりました 多くの方が予約して下さったからだと思いますありがとうございます!今はまだ書店にありませんが来週には店頭に出ますhttps://t.co/RW3aIN8Wq3 pic.…

続きを読むread more

【おすすめ記事】連載「反緊縮左派が試されるとき」=松尾 匡

反緊縮左派が試されるとき(1) ーー私利私欲を度外視した公共的理性が、唯一無二の生命を犠牲にする 反緊縮左派が試されるとき(2) ーー新自由主義による悲惨な現実を解決できるのは、左派ポピュリズムです 反緊縮左派が試されるとき(3) ――左派ポピュリズムが日本で望まれ、「反緊縮」を装う新維新が躍進? …

続きを読むread more

【報道クリップ】「人権蹂躙」と抗議も…香港政府「内政干渉」と反発=テレ東NEWS(2020年8月13日)

 8月12日、日本の超党派の「対中政策に関する国会議員連盟」が、香港の民主活動家・アグネス・チョウ氏らが逮捕されたことへの抗議の声明を出しました。  議連の共同代表を務める中谷・元防衛大臣は、香港は「暗黒国家」だとも指摘しました。  これに対し、香港政府は即座に「内政干渉だ」とする反発の声明を出して応酬しています。 ■…

続きを読むread more

【おすすめサイト】B面の岩波新書 岩波新書編集部

<「このサイトについて」の冒頭から一部抜粋して紹介> B面──。デジタル世代の方には聞き慣れない言葉かもしれません。昔のアナログレコードやカセットテープには、表の「A面」と裏の「B面」、2つの面がありました。 読者のみなさんが書店や図書館で出会い、読んでくださる岩波新書は、レコードでいえば「A面」に当たります。私たち岩波新書編集部が…

続きを読むread more

【おすすめRADIO】鮫島浩さんが「政治ラヂオ始めます」=初回は、総理会見!官邸職員による 「腕つかみ事件」から考…

 ジャーナリストの鮫島浩さんが、「政治ラヂオ始めます」と宣言したという話が、ツイッターで回ってきました。「政界や政治報道の現場でいま起きていることを解説する試みです」といいます。さっそく聴いてみることにしました。  <初回のテーマは総理会見!官邸職員による 「腕つかみ事件」から考えます>とのこと。とても大事な問題ですね。 …

続きを読むread more

【おすすめBOOK】『放送の自由: その公共性を問う』 (川端 和治、2019/11/21)

 非常に危うい日本の放送。いや制度発足当初の一時期は、政府から独立した規制機関が存在したが、その後はずっと、民主主義を標榜する国とは思えない異常な状態が続いている。そして放送は、「放送と通信の融合」の時代に直面。変革期のどまんなかにあって、その存在意義が問いなおされようとしている。新聞離れ、テレビ離れも指摘されながら、作り手自身の内部変…

続きを読むread more

投票に行こう!-“数年後”のために選挙がある。“数年後”の積み重ねで、遠い未来は確実に変わる=周防正行

7月5日(日)は、#東京都知事選 の投票日!現在、期日前&不在者投票が始まっています✍️映画監督の周防正行さんからのメッセージです。「民主主義は少しずつしか変わらないシステム。“数年後”のために選挙がある。“数年後”の積み重ねで、遠い未来は確実に変わる」 pic.twitter.com/S4b5JQCxdU— Choose …

続きを読むread more