【おすすめBOOK】『放送の自由: その公共性を問う』 (川端 和治、2019/11/21)

 非常に危うい日本の放送。いや制度発足当初の一時期は、政府から独立した規制機関が存在したが、その後はずっと、民主主義を標榜する国とは思えない異常な状態が続いている。そして放送は、「放送と通信の融合」の時代に直面。変革期のどまんなかにあって、その存在意義が問いなおされようとしている。新聞離れ、テレビ離れも指摘されながら、作り手自身の内部変…

続きを読むread more